大阪市政調査会
ホーム
沿革
役員
事業報告・事業計画
市政研究
出版物
研究会
シンポジウム
政策フォーラム
リンク

大阪市政調査会は、市民や自治体労働者の立場から都市問題、地方自治問題の調査研究を行っています

大阪都構想 解説とQ&A

 

季刊「市政研究《

第194号〔2017年冬季〕

特集●最低賃金を考える

  • アメリカの最賃引き上げ運動から学ぶもの
  • 賃金分布の変化に応じた最低賃金の水準設定の可能性
  • 自治体公契約条例の現状と課題
  • 路上と職場
  • 大阪市における新自由主義的な教育改革の課題
  • 民主主義再考(第3回)−市民社会から民主主義を考える−

詳しくはこちらから 

(2017年 3月 1日更新)

 

 

ご案内

★第2次自治体セーフティネット研究会が2014年2月に報告書(大阪市政調査会編『自治体セーフティネット*地域と自治体ができること*』公人社)をまとめました。

詳しくはこちらから

セーフティネットの再構築が喫緊の課題となるなか、中央政府による現金給付と自治体によるサービス給付がセットとなった「強い社会保障《が求められます。 しかし社会保障制度の形骸化が進み、これまでの社会基盤そのものも崩れつつあるのが実情です。自治体の位置と役割はどこにあるか、またその課題は何か、明らかにしていきたい。

詳しくはこちらから



〒541-0048 大阪市中央区瓦町2-4-7 新瓦町ビル7階
TEL 06-6209-2465 FAX 06-6209-2450

(c)大阪市政調査会 info@osaka-shisei.jp